フエ名物

ブン・ボー・フエ/Bún bò Huế

「ブン・ボー・フエ」はブンと呼ばれる米麺にボー(牛)から作ったスープと肉をのせて食べるフエの名物料理です。

・・・と言っても高価な料理ではなく、地元の人たちが朝ごはんとしてよく食べる料理で、街のあちこちで味わうことができます。


牛や豚の骨を材料にしたあっさりとしたスープが特徴で、味付けにはレモングラスと赤唐辛子を炒めて作った調味料サテ(sa tế)とニョクマム(魚醤)を使います。

豚の三枚肉やぶつ切り肉、豚足などを筋が柔らかくなるまでコトコトと煮込み、牛肉のスライスと一緒に味わいます。シンプルかつ素朴な味わいでハノイやホーチミンでも食べられるブン・ボー・フエですが、調味料などの違いからフエで食べるものはまたひと味違います。


おすすめのお店:ブンー・ボー・フエ    17 Ly Thuong Kiet

        朝のみの露店     11 Le Loi (Nha Hang Com Chay Bo Deの横)

バイン・コアイBánh khoái

ベトナム版お好み焼き・クレープといえば、サイゴンのバイン・セオ(Bánh xèo)が有名ですが、フエではバイン・セオはほとんど食べずバイン・コアイを食べます。
生地はお好み焼きとかき揚げの中間のような厚みのあるものでサックサクに揚げます。生野菜をちぎって、間にはさみ、ピーナッツの入った甘いタレとともに召し上がれ。

 

                                おすすめのお店Tai Phu/ 2 Dien Bien Phu

ネムルイ/Nem Lui

レモングラスの茎に豚肉のつくねが巻かれた料理。

つくねにレモングラスの香りと風味が香り、じっくりと焼かれた豚肉のつくねとマッチしています。

ライスペーパーに野菜とつくねを巻き、レモングラスの茎を抜いてフエ名物のピーナッツを使った漬けダレで食べます。お好みでレモングラスをかじりながらどうぞ。


おすすめのお店:Tai Phu/ 2 Dien Bien Phu

                                                                                           Hanh/ 11 Pho Duc Chinh

シジミまぜごはん/Com Hen

フエの人たちの朝ごはんの定番。

ごはんに、フエのシジミ島でとれた小さなシジミをたっぷりのせ、野菜、ごま、ピーナッツなどをのせて、食べる前によく混ぜてからいただきます。

しじみのゆで汁をかけて、お茶漬け感覚で食べるのがおすすめ。

ごはんのほかに、ブン(米麺)やミー(インスタント麺)も選べます。


おすすめのお店:

Quan Nho/ 28 Pham Hong Thai

Quan Truong Dinh/ 2 Truong Dinh


 

まめ知識|いろいろなライスペーパー

ひとくちに「ライスペーパー」と言っても、実はさまざまな種類があることをご存知でしょうか?その数、数十種類。

ホーチミンで一般的なライスペーパーは、水につけて湿らせてから具を挟みます。日本で食べられる生春巻きもそうですね。


一方、フエで食べられるライスペーパーは、比較的薄いので、

水につける必要なく、そのまま具を乗せて食べることができます。大きな円形ではなく、小さな正方形のライスペーパーが主流です。


             ベトナムにお越しの際は、ぜひ色んなライスペーパーを味わってみてくださいね!

バイン・ボッ・ロック/Banh Bot Loc

でんぷん生地に具材を詰めて蒸した(あるいは茹でた)フエの名物料理。半透明の生地はもちもちとした食感で、一般的には中に甘辛く味付けされた海老と豚が入っていて日本人好みの味わいです。

屋台などでも気軽に食べることができますが、持ち帰る際は翌日にはかたくなるのでその日のうちに食べてしまうのがおすすめです。


おすすめのお店:

Ba Đo/ 71 Nguyen Binh Khiem

Ba Cu/ 107 Nguyen Hue

                                                                Huong, Cung An Đinh/ 177 Phan Đinh Phung, Hue

                                                                Hang Me12 Vo Thi Sau, Hue

バインナム/Banh Nam

米粉とタピオカをペースト状にした生地に海老のでんぶと野菜のせてバナナの葉っぱで包み、蒸し上げたフエ料理。

ヌクマムをつけていただきます。


おすすめのお店:

Ba Đo/ 71 Nguyen Binh Khiem

Ba Cu/ 107 Nguyen Hue

Huong, Cung An Đinh/ 177 Phan Đinh Phung, Hue

Hang Me12 Vo Thi Sau, Hue

 

 

バインベオ/Banh Beo

幾つもの小皿が並び、見た目にも美しく上品で、その小皿が蓮の葉にも見えることから、バインベオ(ベオ=水草)と呼ばれています。

生地の材料は米粉、水、タピオカ粉とシンプル。小皿に流してそのまま皿ごと蒸します。蒸し上がったら、炒った乾燥エビで香ばしい香りを移したネギ油と、ヌクチャムだれ、カリカリにローストした豚皮をトッピングします。


おすすめのお店:

Ba Đo/ 71 Nguyen Binh Khiem

Ba Cu/ 107 Nguyen Hue

                                                                Huong, Cung An Đinh/ 177 Phan Đinh Phung, Hue

                                                                Hang Me12 Vo Thi Sau, Hue

バインザムイッ/Bánh Ram Ít

エビ入り蒸し餅のおかきのせ。おかきとお餅の2つの食感がクセになる。米粉で作った餅を揚げたおかき「バインラム/Banh Ram」に、エビが入った蒸し餅がのっているフエの名物料理。


おすすめのお店:Hang Me12 Vo Thi Sau, Hue


バイン・ラー・チャー・トム/Banh La Cha Tom

もっちりとした米粉の生地の中に海老のすり身が入っています。

ヌクマムをつけて食べるのが一般的。


あっさりとした食感で、なおかつ海老の風味が効いていています。

バインエップ/Bánh Ép

フエ風焼きタピオカ餅。タピオカ粉とたまごで作られた皮の表面は焼かれており、中はもっちりとしていて不思議な食感。

クレープの皮のような状態で出てくるので、別皿で出される野菜を巻いて、ちょっぴり塩辛いツケダレ「マムネム/Mam Nem」につけてどうぞ。


街のいたるところにお店があり、手頃な価格で食べられるので、

大学生を中心に人気のメニューです。

ゴイチャイバ/Goi trai va

刻んだ豚肉にわけぎ、白ゴマをまいて、特性の甘ダレをたっぷりとかけた料理です。

これだけで食べるのもいいのですが、えびせんに乗せてパリパリと食べるのが一般的です。

精進料理/Mon chay

肉類を使わない、野菜と穀類が中心の健康食。

敬虔な仏教徒の多いベトナム。仏教では僧侶は戒律で殺生が禁じられており、とくにベトナムで発展した仏教である大乗仏教では肉食も禁止されたため、僧侶へのお布施として野菜や豆類、穀類を工夫して調理した料理です。

特にフエにはお寺が多く、僧侶や敬虔な仏教徒が多いため、精進料理の文化が発展しました。

フエでは、旧暦の1日と15日に精進料理を食べる家庭が多く、精進料理のレストランも大賑わいになります。


おすすめのお店:Liên Hoa/ 3 Le Quy Don

                         Thiền Tâm/ 110A Le Ngo Cat

                         Tịnh Tâm/ 12 Chu Van An

                         Bồ Đề/ 11 Le Loi

ブン・ティット・ヌン/Bun thit nuong

ブンは米粉から作った麺のこと。「thit=肉」、「 nuong=焼く」という意味で、その名のとおり、ブンの上に焼いた豚肉がのっている料理です。

南部や北部ではブンの上に水で薄めたヌクマムを垂らして食べますが、フエではピーナッツで作られたフエ特有のタレをつけて食べるのが一般的です。


おすすめのお店:Huyen Anh/ 52/4 Kim Long, Hue.

                         Hanh/ 11 Pho Duc Chinh

チェー・フエ/ Che Hue

ベトナム風ぜんざい。ベトナム各地で味わうことができますが、

各地で作り方が異なります。

フエには団子の入ったChe Troi Nuoc(チェーチョイヌゥック)、

緑豆のチェー、黒豆のチェー、五目豆のチェーなど様々なチェーがあります。夏には、ハスの実のチェーがおすすめです。


小豆、寒天、フルーツなどの様々な具をコップに入れ、砕いた氷、シロップなどをかけて食べるシンプルなものですが、蒸し暑いベトナムではこれがとても美味しいデザートです。暑さでへとへとになった後、エネルギー源の砂糖と水分が一気に補給できる上に、冷たい氷が体を冷やしてくれる優れもののスイーツです。


おすすめのお店:チェーヘム/ 29 Hung Vuong

                         Ton Dichお婆さんのチェー/ Thuong Bac公園

                チェーフエ/ 65 Tran Hung Dao

                宮廷チェー/ 31 Nguyen Hue

チェー・ケー・フエ/Chè kê huế

フエの粟(あわ)ぜんざい。

日本のもち粟よりもっちりしていて、そのまま食べたり、

ライスペーパーせんべいにつけながら食べます。


甘くてもちもちと香ばしく、ほっとする素朴な味わいです。

フエの海産料理

ベトナムは本土の東側が海に面しており、実は日本に勝るとも劣らぬほど海の幸に恵まれている国でもあります。そのため、ハイフォンやブンタウをはじめ、北から南まで海岸線に沿ってたくさんの街でおいしい海の幸を味わうことができます。
フエもその街のひとつ。フエ市街から約10km東側には海が広がっており、えび、いか、貝、魚・・・と様々な海の幸を味わうことができます。またベトナム中部ならではの、お値段の安さも魅力。時期によって異なりますが、とくに夏(6月から9月ごろまで)の海産はとっても美味しいのでおすすめです。
ぜひ、フエにお越しの際はフエ料理、宮廷料理とともにフエの海産を味わってみてはいかがでしょうか!!

おすすめのお店:
Banh Hue / Pho Duc Chinh(Ben Nghe通りから入って左側)
Pho Bien /33 To Huu

Copyright.

Hue Tourism Office.

All rights reserved.

フエ観光情報促進センター

Ad:4 Hoang Hoa Tham street, Hue city, VietNam

Tel:+84 54 3828 288

*当サイトに掲載された記事・写真・デザイン等を含む⼀切のコンテンツは、無断での流用、転⽤、その他の利用を禁⽌しています。

ご利用を希望される方は「お問い合わせからご連絡ください。