新着情報

フエ在住の観光局スタッフがフエの最新情報をFacebookで配信しています!ぜひご覧ください。

観光の参考になりましたら「いいね!」をいただけますと幸いです。

※Facebook配信前の過去の新着情報はこちら


2024年のフエ国際芸術祭ウィーク 独特な体験提供

そのハイライトは、67日の夜にキエンチュン宮殿で行われる開会式や、「カルチュラルカラーズ」というストリートフェスティバル、ビール祭り、光の祭典などです。

67日から12日まで、中部トゥアティエン・フエ省フエ市で、「統合と発展を伴う文化遺産」をテーマにしたフエ国際芸術祭ウィーク2024が開催されます。これは、9日午後ハノイで行われた記者会見で、フエフェスティバル2024の組織委員会が発表したものです。

フエ国際芸術祭ウィーク2024では、国内外の優れたアーティストによる魅力的なパフォーマンスを通じて、住民と観光客に新しくユニークな文化的、歴史的、芸術的体験を提供する予定です。そのハイライトは、67日の夜にキエンチュン宮殿で行われる開会式や、「カルチュラルカラーズ」というストリートフェスティバル、ベトナムと日本、フランス、ベルギー、スペイン、中国、カナダ、韓国からの芸術団による歌舞公演、ビール祭り、光の祭典などです。

記者会見で、トゥアティエン・フエ省人民委員会のグエン・ヴァン・フオン委員長は次のように述べました。

(テープ)

2024年のフエ国際芸術祭ウィークの新しい取り組みは、フエ城塞の施設や建築物、特にフエ城塞で最もユニークな宮殿であるキエンチュン宮殿の空間を最大限に活用するということです。キエンチュン宮殿でのステージは、現代の技術を使用し、音、光、画像、インタラクティブ技術を組み合わせて、創造的なパフォーマンスを披露します。また、太平(タイビン)樓とティウフオン庭園で行われるフランス主催の光の祭典では、現代の3Dマッピング技術が使用され、多次元空間が作り出され、観客に思い出に残る体験を提供します」

なお、2024年のフエフェスティバルは、古都フエをベトナムの代表的なフェスティバル都市にすることを目指しています。

 

Source: VOV

トアティエンフエ省観光局は『フエ・2024年の夏を迎える』イベントを開催しました

19日夜、中部トアティエンフエ省の省都フエ市にあるハイバーチュン通りの歩行者天国で、トアティエンフエ省観光局は『フエ・2024年の夏を迎える』と銘打ったイベントを開催しました。これは、フエ・フェスティバル2024の一環であり、多くの観光客が参加しました。

イベントには、様々な活動が行われ、中には歌舞公演や省内の企業による展示会、観光商品の展示、観光振興活動などが含まれています。

 

 

今年第1四半期にトアティエンフエ省を訪れた観光客の数は昨年同期と比べて、40%増となり、そのうち、外国人観光客の数は約74%増となりました。トゥアティエンフエ省は今後、より多くの観光客を誘致するため、観光PRや、観光商品・サービスの質の向上、観光市場の多様化など様々な措置をとるとともに、トゥアティエンフエ省が伝統文化の発揮・開発を集中的に行なうとしています。

フエ~ダナン間の鉄道、3月26日運行開始

ベトナム鉄道総公社(Vietnam RailwaysVNR)326日、トゥアティエン・フエ省フエ市とダナン市を結ぶ鉄道の運行を開始します。

フエ市発のHD1号は745分フエ駅発、1035分ダナン駅着。同じくフエ市発のHD3号は1425分フエ駅発、1740分ダナン駅着となります。

ダナン市発のHD2号は750分ダナン駅発、1105分フエ駅着。同じくダナン市発のHD4号は1500分ダナン駅発、1745分フエ駅着となります。

 途中、ランコー(Lang Co)駅で10分間停車し、乗客はランコー湾の絶景を眺めることができます。また、列車の車窓から美しいハイバン(Hai Van)峠も望めます。

 

 運賃は150.000VND(920)です。

袋井文化の日inフエ

日越外交関係樹立50周年を記念して、2023114日午前830分に袋井文化の日inフエは開幕されました。

日本画展示スペースと日本人形の展示は2023114日から11月14日まで行われています。

- 日本に関する絵画や写真の展示

- 映画

- 日本人形の展示

- 茶道体験

- 着物の着

- 芸術的な折り紙

- 書道

みなさま、ぜひ袋井文化の日inフエへのご参加ください!

住所:ホーチミン博物館、7 LE LOI, HUE

 

開催時間:11月4日 11月14日

フエ市で国際カイトフェスティバルの開催

フエ市で6月3日から6月9日にかけて、フエ国際カイトフェスティバルが開催されます。
2023年フエの凧祭りにはアートカイト展示会、凧作り及びデコレーション、凧揚げなどのイベントが含まれます。
アートカイト展示会と凧作り及びデコレーションの公演はトゥトゥオン公園で行われます。
凧揚げのことはマレーシア、シンガポール、タイの各国代表とベトナムの有名な凧揚げクラブのベトナム国内がが参加します。
フエ国際カイトフェスティバルにぜひお越しください。

第2旅客ターミナル(T2 Teminal)の供用を開始

トゥアティエンフエ省のフーバイ国際空港428日から55日まで開催される2023年フエ伝統工芸フェスティバルと429日のフン王の命日から5連休に合わせて、第2旅客ターミナル(T2 Teminal)の供用を開始しまた。

新ターミナルは201912月に着工しました。3階建てで、建築面積は10118m2、延べ床面積は22381m2、年間旅客処理能力は500万人(うち国内客400万人、外国人客100万人)

 1階は到着ロビーで、入国管理エリア、税関、乗員控室、VIPラウンジなどがあります。

2階には各航空会社のオフィスや空調室などがあります。

 

2階は出発ロビーで、チェックインエリア、セキュリティコントロール、出国管理エリア、搭乗待合室、VIPラウンジなどがあります。
 現在、フエ省観光局は各旅行会社や航空会社、関連機関と協力して、国際線を含む新路線の開設やフライト回数の増加に取り組み、観光客の増加を目指しています。

フエ市にCECILE LE PHAM新しい美術館がオープン

4 25 日にフエ市の新博物館がオープンし、美術館に来た訪問者を歓迎しました。 ‼️

CECILE LE PHAM美術館は、約30年にわたって、40カ国から調査・収集したCECILE LE PHAM様の文化、歴史的な作品の1000点以上を保存、展示しています。

1階のスペースには「エナメルの芸術とベトナム、日本、フランスの装飾品のコレクション」が展示されています。

2階スペースでは「東アジア仏教の美術」を展示されています。

 

📍 住所: Le Domaine de Cocodo, 53 Ham Nghi, Phuoc Vinh Ward, Hue City

フエ伝統工芸フェスティバル2023」

フエ市で428()から55()まで、「フエ伝統工芸フェスティバル2023」が開催されます。

今回のテーマは9回目を迎えて、「ベトナムの工芸の真髄(Tinh hoa Nghe Viet)」。

 同フェスティバルは伝統工芸の価値を保存・活用し、観光の需要の刺激とプロモーションを強化し、フエ市のイメージアップにもつながる一大イベントとなります。

期間中は開幕式、織物、陶器、木細工、竹細工などの手工芸品にスポットがあてられた展示や催しが多く開催されるほか、記念パレード、音楽の上演、アオザイのファッションショー、国際気球フェスティバルなどを披露します。
フエフェスティバルは年に1回、数日間にわたり各種芸術プログラムを行う形だったが、2022年からは通年にわたり四季に分けてそれぞれ異なるテーマで各種イベントが開催されてます。

 

フエ伝統工芸フェスティバルにぜひお越しください。

「イオンモール・フエ」の起工式

2月11日、フエ省では「イオンモール・フエ」の起工式を実施しました。イオンモール・フエはベトナムで7番目の同社ショッピングセンターとなります

2024年下期のオープンを予定しています。

イオングループはショッピングセンターの他にスーパーマーケットを含む約200店舗をベトナムで展開しており、店舗の多くはホーチミン市とハノイ市に位置しています。

 計画地はフエ市東部のアンバンズオン(An Van Duong)新都市区内に位置し、敷地面積は約86000m2、延床面積は約138000m2、総賃貸面積は約51000m2、駐車台数は約2500台となります。

フエで「ホアンマイ」の花祭り初開催

トゥアティエン・フエ省人民委員会傘下のフエフェスティバルセンターはこのほど、「フエフェスティバル2023(Festival Hue 2023)」の一環として、「ホアンマイ祭り(le hoi Hoang Mai)」を初めて開催した。

 ホアンマイは、ホアマイ(hoa mai、黄色い花をつけるミッキーマウスの木、王を意味する「ホアン(Hoang)」や「ブア(Vua)」と合わせて「ホアンマイ」と呼ばれる。

 ホアマイは\テト(旧正月)を象徴するもので、特にフエ産のホアンマイは阮(グエン)(18021945)時代から王宮などで多く植樹され、独特の落ち着いた優雅な香りがするとされる。

 第1回ホアンマイ祭りはフエ市トゥオンバック(Thuong Bac)公園で1月に開かれ、職人が手入れしたフエ産のホアンマイの展示や表彰が行われた。また、ホアンマイの展示や職人の交流、オークションなどのスペースも設置され、数千人もの来場者で賑わった。

 当局は今後もフエ産のホアンマイのイメージアップを図るだけでなく、観賞植物の職人の交流やホアマイの取引などを促進していきたい考えだ。

早朝にフエの王宮でお茶を楽しむ

早朝にフエの王宮でお茶を楽しむ 🍵

静かな霧と寒い季節に、一緒に熱いお茶を飲むことは何ですか?

🌟 202215日に、フエ古都遺跡保存センターにて、午前5時よりお茶を楽しむとフエ王宮の観光を組み合わせたツアーを開始。 旅行者は遺跡を訪れ、ティウ フォン 宮廷の庭でお茶を楽しんだり、さまざまな種類の「バイン フエ」で朝食ます。

 

このツアーは、ベトナムの伝統文化、特にフエ遺跡の紹介を高める効果的な取り組みの 1 つとなることが期待されています。 その時点から、フエの古都への訪問者は、より新体験をするようになります。

トゥアティエンフエは2023年に飛行機でフエに来た、最初の訪問者を歓迎

新年あけましておめでとうございます。

トゥアティエンフエは2023年に飛行機でフエに来た、最初の訪問者を歓迎しました。

2023年の新年をお祝いし、2023年に文化観光のイベントを開始するために、2022年1月1日にトゥアティエンは2023年に空気によってフエへ最初の訪問者の歓迎式」を行いました。

空港に到着した最初の10人は花とフエのお土産ををもらいました。また、同じ飛行機で来た旅行者もお土産を受け取りました。伝統的な獅子舞の踊りも披露しました。

 

Photo credit: Lê Đình Hoàng

フエ故郷遺跡群に電子チケットシステムとXR現実体験サービスを開設

フエ故郷遺跡群に電子チケットシステムとXR現実体験サービスを開設

 

開会式は、2022 12 20 日の午前 7時に、王宮の午門で行われます。 2022年12月20日に王宮のチケットを購入したお客様は、XR現実体験サービスは無料です。

VITM Danang 2022博覧会

今年末に、ベトナム観光協会はダナン観光局及びダナン観光協会と連携し、2022 12 9 日から 11 日まで、ダナン国際観光フェア 2022 (VITM Da Nang 2022) を開催します。目的は全国の観光企業のシステムの観光回復に向ける具体的な活動の展開を支援および促進することです

ダナンをはじめ、中部地域の観光のイメージを高め、国内外観光客の訪問を促進します。

VITM ダナンフェア 2022 のテーマは「海洋観光開発、中部の観光の強みを活かす」です。

トゥア・ティエン。フエ省はVITM Danang 2022博覧会に36平方メートルのブースで参加します。

トゥアティエンフエ省の観光スポットやフエの観光ツアーなどの観光情報をご紹介したいと思います。

 

ぜひこの機会にVITM Hanoi 2022博覧会に足をおはこびください!

ベトナム、2045年までにフエをアジア観光の拠点に

ベトナム政府は2045年までにフエを「祭りの街とアジアの文化・観光のハブ」にするために、王室遺物の保存と観光施設の整備を進めている。

世界遺産都市フエは新たに承認された都市計画の下で2025年にハノイ市とホーチミン市、ハイフォン市、ダナン市、カントー市と並ぶ中央管理都市になる予定である。

政府は観光を重要な経済分野にするために、王室の遺物を保存し、観光施設を改善するように地方当局へ呼びかけている。

タムザン(Tam Giang)とカウハイ(Cau Hai)、ラップアン(Lap An)の各湖沼は保護され、バックマー(Bach Ma)国立公園とハイヴァン峠は観光地として開発される計画である。

フエは1945年にベトナムが封建制を廃止するまでグエン王朝があった場所で、現在ではフエの城塞が人気の観光スポットとなっている。

 

フエは今年の最初の9ヶ月間で95000人の外国人を含む150万人の訪問者を受け入れている。

東南アジアのトップホテル10、フエのホテルが第4位に選出

アメリカの雑誌『コンデナスト・トラベラー』の読者投票による「東南アジアのトップホテル10」でフエの「アゼライ・ラ・レジデンス(Azerai La Residence)」が4位に選出された。

2.5ヘクタールの敷地に建つ「アゼライ・ラ・レジデンス」は、フオン(Huong)川に面した200メートルの敷地にコロニアル洋式で建設されている。 

ホテルの中心となる邸宅は1930年にフランス駐在官官邸の一部として建てられたもので、その特徴的なファサード(建物を正面から見たときの外観)や長い水平線と航海の装飾はアールデコ様式の流線型近代派の特徴である。 

宿泊費用は1500万ドン(約3万円)〜提供されている。

同ランキングは24万人以上の読者が、2022年の読者投票の一環として旅行体験を評価した投票に基づくものである。

 

この賞は旅行業界において最も長く続いている賞であり、世界で最も優れたホテルやリゾート、旅行先の表彰を行っている。

Source: poste-vn.com

フエ市、シェアサイクルサービスを開始

世界環境デーでもある65日の朝、フエ市人民委員会とそのパートナーは、フエ市の中心部であるニンルオンディンで公共自転シェアサイクルサービスを開始しました。

フエ市の中心部にある公共自転シェアサイクルサービス試行プロジェクトは、20226月から202312月まで実施され、3つのフェーズに分けられます。

フェーズ1:香水川の両側とシタデルエリアに7つのステーションがあり、ステーションあたりの車両数が1020台の市内で、スマートな公共シェアサイクルルートを試験的に実施します。

フェーズ21920のステーションで大規模にシェアサイクルサービスを試験的に実施します。

フェーズ3:システム全体の運用を試験的に実施し、アプリケーションの機能を統合し、システムを管理し、運用し、安定性を維持します。

世界の文化遺産を所有し、自然の恵みとともに、フエには多くの美しい風景、史跡、お寺、工芸村、特産品、レストラン、住宅街にある飲食街があります。特に、フエ市の典型的なユニークな特徴であるガーデンハウスでは、旅行の手段として自転車を使用することは、フエに来る観光客にとって理想的なソリューションです。

 

フエ市の公共シェアサイクルサービスは、環境に優しく、観光客や住民がフエ市の様々な場所で自転車の受け取り、返却及び短移動距離にも便利だという基準で生まれました。

2022年4月1日から2022年6月1日まで、フエ故郷遺跡保存センターは一部のサービスのチケット料を値下げすことを実施します。

202241日から202261日まで、フエ故郷遺跡保存センターは一部のサービスのチケット料を値下げすことを実施します。

💥20人以上のグループに対して遺跡地でのツアーガイド料のの50%割引。

 

💥閲是堂 (Duyt Th Đường)での宮廷雅楽を観賞する料50%割引。公演は1日に2回、午前10時と午後3時に各40分間おこなわれます観賞料金は王宮の入場料とは別に200,000VND必要です

2022年3月5日から3月10日にかけて、フエの遺跡の入場料を100%割引する。

202235日から3月10日にかけて、38日の国際女性デーを祝うし、民族衣装の文化および歴史的価値を保存し、発展するために、フエ保存遺跡センターはベトナムの伝統的なアオザイを着用するベトナム人の女性と外国人の女性に対して入場無料を実施する事になります

ファム・ミン・チン首相の日本を公式訪問中、11月25日に日越投資カンファレンスでトゥア・ティエン・フエ省の人民委員会の代表者、グエン・ヴァン・フオン人民委員会長とイオンモールは投資覚書を取り交わしました。
トゥア・ティエン・フエ省とイオンモールは、同省でのショッピングモール開発に向けた相互協力を強化し、大規模プロジェクトへの投資を通じ、日本の質の高いサービスと商品により、地域の皆さまの生活向上に貢献します。
2021年から2023年の期間に貿易センターへの投資を促進する予定です。

トゥア・ティエン・フエ省は2021年にホーチミン市観光フェアに参加しまします。

ホーチミン観光局は124()から25()にかけて、観光促進を目的としたホーチミン市観光フェア(Ngay hoi du lich TP.HCM)」をオンライン形式で開催します。

ホーチミン市だけでなく、他の省・市の企業各社も参加し、地元の観光サービスを売り込みます。これまでに27省・市が出展登録しており、他の15省・市も出展しているということです。

 

トゥアティエンフエ省もオンライン形式で参加します。中には、トゥアティエンフエ省の観光スポットや各地の写真、イベントをはじめとした観光情報のご紹介したいと思います。

第22回ベトナム映画祭

トゥアティエン・フエ省20日、第22回ベトナム映画祭の閉幕式が開催された。

 

今回のベトナム映画祭は1118日から20日まで、オンラインとトゥアティエンフエ省の実会場を組み合わせた初のハイブリッド形式で開催されました。
今回の映画祭の長編映画部門では、ビクター・ブー(Victor Vu)監督が手掛けた201912月公開の「Mat Biec(つぶらな瞳)」が、最優秀作品賞にあたる「ゴールデンロータス賞(Bong Sen Vang)」に輝きました。

 「つぶらな瞳」は有名作家グエン・ニャット・アイン(Nguyen Nhat Anh)の同名小説が原作です。
 ベトナム映画祭は文化スポーツ観光省と同省傘下の映画局が2年に1回開催しているものです。2021年で22回目を迎えました。次回の第23回は2023年にラムドン省ダラット市で開催される予定です。


日本がベトナムに供与した新型コロナウイルスのワクチン

72日の朝、日本がベトナムに供与した新型コロナウイルスのワクチンの100万回分のうちの40万回分はタン・ソン・ニャット空港に到着しました。

 

🎁世界的な複雑な疫病とワクチン供給の不足という状況において、そのワクチンは貴重な贈り物として日本の政府と国民及びベトナムの政府と国民との友好関係を示しています。

「日本の伝統的な人形」という展示会

4月2日から18日にかけて、フエ市で、「日本の伝統的な人形」という展示会が開幕されます。
これは、フエ美術博物館とベトナム日本文化交流センターの主催により開催されています。
この展示会には着物を着た日本の女性の優雅さ、日本の能や歌舞伎の人形、粘土の人形など日本の代表的な人形32体が紹介されています。
この展覧会を通じて、ベトナムの人々が日本の伝統文化の一部だけでなく、日本人の精神的な文化にも触れることができます。
なお、住所はフエ美術博物館 -ディエム・フン・ティ アートギャラリーで、フエ市Le Loi通り17番地です。
ぜひこの展示会に足をお運びください!
入場は無料です!

テト(旧正月)の王宮イベント

テトとよばれる旧正月の元旦から3日間、王宮では毎日イベントが開催されます。王宮の正門にあたる「午門」では衛兵の交替式、午門をくぐって正面にある「太和殿」では新春音楽の演奏、他にも書道や民謡、獅子舞など新春を祝うパフォーマンスが盛りだくさんです。またテトの王宮は色とりどりの花で飾られてとても美しい装いになります。

 

場所:グエン朝王宮 / Đại Nội

料金:大人 200,000VND / 子供(7 - 12) 0,000VND 

※フエ王宮とフエ宮廷骨董博物館の入場料を含む

開館: 7:00 17:00 / 年中無休

 

 

テト(旧正月)の王宮イベント

ベトナム人のテトの過ごし方

テトが少しずつ近づいています

地方によって文化も違いますが、ベトナム人の年末そして新年の過ごし方をご紹介します。

🎋台所の神様を天に見送ります

🎋大掃除

🎋お墓を掃除します

🎋バイン・チュオンを用意します

🎋5つの果物を並べて飾ります

🎋花火を見ます

🎋他の家を最初に訪問します。

🎋親戚や友達のお宅を訪問し、新年のお祝いをします

🎋お年玉をもらいます

 

👆ベトナムのテトの過ごし方でした。テトに来られたらぜひ体験してみてくださいね。💖

フエへ最初の訪問者の歓迎式

新年あけましておめでとうございます。

トゥアティエンフエは2021年に飛行機でフエに来た、最初の訪問者を歓迎しました。

2021年の新年をお祝いし、2021年に文化観光のイベントを開始するために、2021年1月1日にトゥアティエンは2021年に空気によってフエへ最初の訪問者の歓迎式」を行いました。

 

空港に到着した最初の2人は花とフエのお土産ををもらいました。また、同じ飛行機で来た旅行者もお土産を受け取りました。伝統的な獅子舞の踊りも披露しました。

アオザイのファッションショー

時間:2020年12月18日-20日
場所:Nguyen Dinh Chieu 散歩街。
他にも、革命歴史博物館- 23/8道 - Đinh Tiên Hoàng道 - Thượng Tứ門 - Trần Hưng Đạo道 - Lê Duẩn道 - Dã Viên橋 - Bùi Thị Xuân道 - Lê Lợi道 - Hà Nội 道- Bến Nghé 道- Đội Cung道などいくつかの道でアオザイ実演を披露します。

フエ飲食フェスティバル。

👉時間:2020年12月18日-23日
👉場所:Nguyen Dinh Chieu 歩く街。
トゥア・ティエン・フエ省の約60のブースが設置されます。たくさんの料理が作られて、紹介します。中には、精進料理のブースもあります。
ぜひフエ飲食フェスティバに足をお運びください!😋❤

中秋節

中秋節は、ベトナム語で「テット・チュン・トゥー(Tết Trung thu)」と呼ばれています。
中秋節とは旧暦の8月15日に、月を愛(め)でる日とされて、現在では子供たちのための日として祝い方です。
今年の中秋は10月1日(木)にあたります。しかし、旧暦の8月12日からフエ市のほとんど主な道で獅子舞の踊りを披露しますよ。
獅子舞は、幽霊や悪いものを祓い幸運をもたらすと信じられており、中秋節には外せない催しです。
この時期にフエを訪れる方はぜひみてください。

ベトナムの旧暦5月5日

ベトナムの旧暦55日は「端午節(Tet Doan Ngo)」。この時期は虫がわきやすい季節に入ることから、農作物や樹木の殺虫を行う「殺虫の日(Tet giet sau bo)」とも呼ばれています。

 今年は新暦625日がこの日にあたり、フエ市の各市場は624日から25日にかけて、フエの粟(あわ)ぜんざい(チェー・ケー=Che Ke)やアヒル、お供え物の果物などを買い求める多くのベトナム人で大にぎわいとなった。

 

この日、フエ市の各家族にはアヒル肉やチェー・ケーがあります アヒル肉を食べる風習があります。


フエ観光情報促進センター

Ad:106 Dinh Tien Hoang street, Hue city, VietNam

Tel:+84 234 3828 288

Facebook: https://www.facebook.com/huetipc

*当サイトに掲載された記事・写真・デザイン等を含む⼀切のコンテンツは、無断での流用、転⽤、その他の利用を禁⽌しています。

ご利用を希望される方は「お問い合わせからご連絡ください。