ザーロン帝陵 / Lăng Gia Long

初代皇帝ザーロン帝(在位1802~20)の陵墓で、天授陵と称されます。各帝陵の中で最も遠いフエ市街から17kmはなれたフォーントォ(香寿)村の広く平らな丘の上にあります。

天授陵は承天高皇后が1814年に崩じたことをきっかけに帝の生前から建設が開始され、6年かけて1820年にかけて完成しました。造営にあたってザーロン帝みずから現地を視察し、陵の位置と計画を決め、設計と建設の進行を監督したといわれています。

陵内は、皇帝と皇后の陵墓がある地区と、寝殿(礼拝堂)である明成殿がある地区の2つの地区に分かれています 。どちらもベトナム戦争時に大きな被害をうけており、修復が進んでいないのが現状です。

 

しかし、天授山をはじめ34の山々に境界もなく囲まれ、豊かな自然と一体化した天授陵は訪れる人に美しい景色を見せ、グエン王朝初代皇帝の雄大な様を感じさせてくれます。

また、天授陵の北西方には第2妃である順天皇后の陵と廟が、さらにその北方のフォーン川側には帝の親族や過去のグエン氏の陵と廟がおかれた嘉成殿があり、あわせて訪問することができます。

 

◆ザーロン帝陵 / Lăng Gia Long

住所:Xã Hương Thọ, thị xã Hương Trà

開館時間:7:00 – 17:30(年中無休)

料金:基本無料

※陵墓内に入るには守衛に言って、40,000VNDを払い鉄扉を開けてもらう必要がある


寝殿(礼拝堂)である明成殿

殿内にはザーロン帝と皇后の位牌が祀られています。

明成殿 内部

朱と金で塗られた装飾が美しく施されています。

陵墓

この段階状のテラスの先に墓がおかれています。


拝庭の石像
皇帝の霊を守護すると言われています。。

募陵の鉄扉

戦争時代の銃痕が今でも残っています。

皇帝と皇后の石棺

陵墓奥の三重壁のなかにおかれています。皇帝と皇后の石棺が並んで安置されているのは、ザーロン帝量のみの特徴です。


碑亭

ザーロン帝の功績が書かれた碑石(聖徳神功碑)が置かれています。碑文はミンマン帝によるものです。

嘉成殿

ザーロン帝の親族や過去のグエン氏が祀られています。

華表柱

募陵から池をはさんで置かれています。



乾季になると陵の前にある池では蓮が咲き乱れます。


Copyright.

Hue Tourism Office.

All rights reserved.

フエ観光情報促進センター

Ad:4 Hoang Hoa Tham street, Hue city, VietNam

Tel:+84 234 3828 288

*当サイトに掲載された記事・写真・デザイン等を含む⼀切のコンテンツは、無断での流用、転⽤、その他の利用を禁⽌しています。

ご利用を希望される方は「お問い合わせからご連絡ください。