旧市街 [王宮周辺]

フォーン川の北側にある旧市街。みどころは大きく分けて、城壁に囲まれ政治的都市として発展した都城エリアとその周辺、貴族の庭園屋敷がおおくのこるキムロン(金龍)エリアになります。

都城エリア

フラッグタワー(旗台) / Kỳ đài

高さ約29mあり、フエのどの場所からでも見ることができる街のシンボルです。

1807年、初代ザーロン帝の時代に木製で建てられたものの、その後何度か倒壊し、現在あるのは1969年ベトナム戦争中にコンクリートで再建されたものです。見張り台と砲台を兼ねるフラッグタワーは戦争時に米軍とベトコン(南ベトナム解放戦線)の間で激戦地となり、テト攻勢では争奪される度に掲げられた旗がたびたび変わったそうです。今も壁面には生々しい銃弾跡が残されています。

約17mある台座は三層になっています。上段が「天」、中段が「地」、下段が「人」を意味し、これは荀子の三才思想に基づいています。フラッグタワーのほかにもグエン王朝の建築物は3層の台座をもつものが多くあります。フエ訪問の際には注目してみてください。


九位神公 / Cửu vị thần công

九位神公は9つの大砲です。1803年に銅で鋳造されました。この大砲はフラッグタワーの東にある広徳門と西の体仁門から王宮の午門へ行く途中にあります。

東に設置された4つの大砲は四季(春、夏、秋、冬)を、西の5つの大砲は五行思想(木、火、土、金、水)を意味しています。1816年ザーロン帝はこれらの大砲に「神威無敵上将軍」と官位を授けました。4mある砲の後ろに、その名が刻まれているのでご覧ください。原材料となった銅はザーロン帝が西山朝を滅ぼした際に獲得したものだそうで、グエン王朝成立の記念碑的存在といえます。

ちなみに9という数字は「悠久、永久」につながり、また10進法で最大の数字であることから縁起のいい数字として好まれていました。


フエ宮廷骨董博物館 / Bảo tàng Cổ vật Cung đình Huế

住所:03 Lê Trực, thành phố Huế

開館:7:30 - 17:30(年中無休)

※王宮のチケット(150,000VND)に含まれております。個別での販売はありません。

 

カイディン帝によって1923年に建設されたフエで最も古い博物館です。建物自体は王宮の北にあった保定宮の隆安殿(1845建立)が移築されたものになります。帝は美術をこよなく愛し、美術を通じれば、その国の社会や政治、文化、礼儀、作法などが理解できると考えていたそうです。

当初はカイディン博物館と呼ばれていましたが、歴史とともに何度か名前を変え、2007年から今の名前になりました。ベトナム最後の王朝が残した8,000点を超える美しい宮廷工芸品が展示されており、玉座や皇帝の衣装をはじめ、食器や茶器類、棚などの家具、螺鈿細工で装飾された床材にいたるまで様々な宮廷遺産を鑑賞することができます。ほとんどの工芸品は宮廷工芸を専門とする職人による丁寧な作品で、世界にひとつしかない貴重なものばかりです。王宮の入場チケットに博物館の入場料も含まれていますので、王宮の観光とあわせて観光することをおすすめします。

※王宮東門出口から徒歩7分ほどの場所にあります。


フエ歴史博物館 / Bảo tàng Lịch sử Thừa Thiên Huế

住所:01 đường 23 tháng 8, thành phố Huế

開館:7:30 - 11:00 / 13:30 - 17:00(月曜休館)

料金:大人 20,000VND  / 子供(12歳まで)  無料

 

フエ歴史博物館は1989年7月に設立されました。ここではフエの成り立ちや発展期などの資料約30.000点の実物を保管、展示しています。中央の建物はチャンパ時代の土器、左右の建物は20世紀後半のフエの歴史を物語る写真、庭ではベトナム戦争時の戦車や戦闘機を展示しています。

なおこの博物館の建物はグエン王朝で初めて設立された大学(クオック・トゥ・ギア)がもとになっています。

 


グエン王朝陶磁器博物館 / Bảo tàng Đồ sứ ký kiểu thời Nguyễn

住所:114 Mai Thúc Loan, thành phố Huế

開館:8 :00 - 11:30 / 14:00 - 18:00(月曜休館)

料金:大人 30,000VND / 子供(7-12) 無料

 

骨董品収集家のトラン・ディンの息子が設立した、フエで最初の民間の博物館です。10 世紀から 20 世紀に渡って収集された陶器をはじめ、グエン王朝時代に皇族たちが使用していた貴重な陶磁器のコレクションを展示しています。中国、日本、ヨーロッパで制作された陶磁器のほか、当時の暮らし(食事、お茶 、喫煙や飲酒)の様子がわかる展示品も見ることができます。


ホーチミン記念館 / Nhà lưu niệm Bác Hồ

住所:158 Mai Thúc Loan, Thuận Thành, Tp. Huế, Thừa Thiên Huế

開館:7 :00 - 11:00 / 13:30 - 16:30(月曜休館)

料金:無料

 

ホーチミン主席(1890-1969)が1895年から1901年までフエで最初に家族と住んでいた家です。

柱の家(nhà rường)と呼ばれるフエの伝統様式で建てられており、木造の三間づくり、瓦屋根で建てられています。ここは1993年2月2日に国家的文化歴史遺跡として認定されています。

館内には実際に使用していたベッドなどの家具、お母さんがはた織りにつかった機械が展示されており、主席が幼年期を過ごし、人格を形成された当時の生活をかいま見ることができます。

 


社稷壇 / Đàn Xã Tắc

住所:Xã Tắc, Thuận Hòa, Tp. Huế, Thừa Thiên Huế

開館:常時

料金:無料

 

社稷壇はザーロン帝時代の1806年4月に建立された祭壇です。全国各地の土地から献上させた土でつくられました。方形の二段からなり、上層が高さ80cm、一辺60m、下層が高さ60cm、一辺116mあります。また壇は五色で塗装され、中央は黄色、東は青、西は白、南は赤、北は黒であったそうです。また前面には周囲228mの湖を有しています。
グエン王朝は毎年旧暦2月に五穀豊穣を願い祭礼をここで行っていました。現在でもその祭礼を見ることができます。詳しくはこちら(社稷壇の祭礼)


鎮平台 / Trấn Bình Đài

住所:Đường Mang Cá Nhỏ, Phú Bình, Phường Phú Bình, Tp. Huế,

 

ザーロン皇帝の時代に都城の東北の守備のために建てられた都城の軍事防御的な施設です。

周りを水濠で囲み、ヴォーバン式と呼ばれる建築様式で作られています。

グエン王朝がフランスの事実上の植民地となると、鎮平台はフランス軍の駐屯地となっていた過去をもっています。


富春亭 / Đình Phú Xuân

住所:69 đường Thái Phiên, thành phố Huế

 

富春亭は500年以上前から現存する民間の建築物で、現在まで何度も修復されてきました。広南朝時代に首都の富春が建築される過程で多くの建築物が移動したなか、富春亭はこの地に残り、現存している貴重な建築です。富春亭には門や屏風など国家遺産に認定されている建築物が残されています。


都城周辺エリア

敷文楼とグエンルオン殿 / Phu Văn Lâu và Nghênh Lương Đình

開館:常時

料金:無料

 

ベトナム紙幣の50,000ドンに描かれているフエの建築物です。場所はフラッグタワーの南、フォーン川に面しているところになります。写真手前にある建物が敷文楼、奥がグエンルオン殿、背景にある山は御屏山です。敷文楼はグエン王朝の詔書や諭旨などの布告や科挙の結果を民衆に公示していました。グエンルオン殿は皇帝が涼んで休息をとるために使っていた建物です。御屏山は風水における案山でフエに良気を貯めるとされています。フエにお越しのさいは、敷文楼に立って、紙幣との景色を見比べてみてはいかがでしょうか。


ドンバー市場 / Chợ Đông Ba

住所:Trần Hưng Đạo, thành phố Huế

 

フエ最大の市場です。2階建で、1階は食料類と雑貨類、2階はおもに衣料品売り場。商品が山積みされ、迷路のようになっています。買い物をするときは、値段交渉が必要です。1階中央には、ブン・ボー・フエやチェーなどの屋台が集まっており、時間をかけずにいろいろと食べてみたい方におすすめです。

市場はザーロン帝により築かれ、以前は都城の正東門の外にありました。1885年夏に一度は焼失してしまいましたが、1887年にドンカイン帝によって市場が再建されました。その後、1899年に西洋の様式にならって都市の整備が進み、タインタイ帝によりドンバー市場は現在のジアホイ橋とチャンティエン橋の間に移設されました。


キムロン(金龍)エリア

アン・ヒエン庭園屋敷 / Nhà vườn An Hiên

住所:58 Nguyễn Phúc Nguyên, thành phố Huế

開館:8:00~12:00 / 14:00~16:00

料金:無料 ※屋敷の見学は20,000VND必要

 

フエならではの建築と美しい景観を持つ庭園屋敷の中で代表的な建築です。もとは5代皇帝ズクドゥック帝の娘の邸宅として建てられた屋敷です。庭園の中には三間の母屋の両脇に離れを備える「柱の家(nhà rường)」と呼ばれるフエの伝統様式で建てられた家屋があります。家屋には彫刻が施され、内装も伝統的なものが残されています。また、およそ5,000㎡の敷地内にはジャックフルーツなどの南国果実が多く植えられています。


フー・モン庭園屋敷群 / Nhà vườn Phú Mộng

住所:Phú Mộng, Kim Long, Tp. Huế, Huế

開館:不定

料金:無料

 

フー・モン地区(Phú Mộng通り)にある庭園屋敷群を指します。この地区はフエ市の中心から、フォーン川に沿って約2km上流の北岸にあり、広南朝からグエン王朝時代にかけて貴族が住んでいた華やかな庭園が屋敷が多く残っています。ゆるやかな時が流れ、日々の生活に潤いと安らぎをもたらしてくれる庭園は、そこで過ごす人々の心をなだめ、感覚を研ぎ澄ましてくれる不思議な楽園です。庭園の魅力を五感で感じてみてください。

宮廷料理で有名なエンシェント・フエレストランもこの地区の庭園屋敷のうちのひとつです。

 

屋敷群の一部

Thuong Lac Vien   住所:20 Phu Mong St., Hue

Xuan Vien Tieu Cung 住所:22/3 Phu Mong St., Hue

Cat Huong Cu     住所:28 Phu Mong St., Hue

Phu Mong Vien    住所:34 Phu Mong St., Hue 

Tich Thien Vien    住所:46 Phu Mong St., Hue

Nha Vien       住所:54/3 Phu Mong St., Hue

An Lac Vien     住所:54/7 Phu Mong St., Hue)


キム・ロン殿 / Đình Kim Long

住所:108 Kim Long, thành phố Huế

開館:不定

料金:無料

 

キム・ロン殿はフォーン川に面しているキム・ロン通りにあります。この殿は広南朝グエン皇帝の時代の都市キム・ロン首府の形成と発展に関連しており、政治経済、文化社会の中心地でした。ここには多くの建築物と当時の貴重な資料が保管・展示されています。


文廟 / Văn Miếu

住所:Cầu Xước Dũ, Hương Long, Tx. Hương Trà, thành phố Huế

開館:不定

料金:無料

 

1807年に建てられた、封建統治国家時代の教育の象徴です。廟内にある贔屓とよばれる神獣が背負っている石碑には科挙の合格者の名前が記されています。


武廟 / Võ Miếu

住所:Phường Hương Hồ, thị xã Hương Trà

開館:不定

料金:無料

 

武廟は1835年に建てられました。武廟は朝廷に貢献した功臣を誉め称え、時代を越えて名声を残すことを望む武人に名誉を与えるために建てられました。


各スポットの所在地

  • マーカーをクリックすると簡易説明が表示されます。
  • MAPの右上の[]をクリックすると、全画面で表示できます。

Copyright.

Hue Tourism Office.

All rights reserved.

フエ観光情報促進センター

Ad:4 Hoang Hoa Tham street, Hue city, VietNam

Tel:+84 234 3828 288

*当サイトに掲載された記事・写真・デザイン等を含む⼀切のコンテンツは、無断での流用、転⽤、その他の利用を禁⽌しています。

ご利用を希望される方は「お問い合わせからご連絡ください。